現在のページは東京慈恵会医科大学 > 眼科学講座 > 慈恵医大眼科学講座について > 関連病院 > 町田市民病院

町田市民病院


常勤医2名と、他に医局から派遣の非常勤医に週4日協力を頂き、診療を行っております。手術は月曜午後、水曜午後(不定期)、木曜午前、午後で行っており、白内障、外眼部、硝子体の手術を月50~70件行っています。町田市内には入院で眼科手術を行う施設が少なく、手術希望の患者さんが多く来院されるため、手術待ちが約6ヶ月の状態が続いております。昨年度よりも手術件数を増やしておりますが、待機期間の短縮には至らず、患者さんや紹介いただく先生にはご迷惑をおかけしております。

今年度はようやく硝子体手術装置を導入し、硝子体手術を開始することが出来ました。これまで町田市内には硝子体手術を行う施設がなく、市外へ紹介されていましたが、ようやく市内で治療を受けて頂くことが可能になりました。スタッフ不足、手術室や病棟の受け入れ制限もあり、網膜剥離等の急患まですべて対応することはできませんが、今後体制を充実させ、より多くの疾患に対応できるように努力してまいります。

慈恵医大からの派遣を再開してから4年がたち、基幹病院として診療内容を充実させることが出来ました。今後は常勤3名体制を実現させ、若い眼科医の育成にも貢献できればと思います。

町田から相模原、厚木にかけての地域には、多くの現役医局員や同窓の諸先生がおられ、日頃から大変お世話になっております。今後ともご指導のほどよろしくお願い致します。