現在のページは東京慈恵会医科大学 > 眼科学講座 > 本院眼科へご紹介していただく先生方へ > よくある質問

よくある質問

Q. 患者紹介のFax予約をしたいがどうすれば良いのか?

A.医療連携部門へのFaxをお願いいたします。(FAX予約について(本院サイトへ)

  1. Fax予約診療申込用紙にご紹介患者さんの情報を記載の上、Fax送信願います。
  2. 医療連携部門より予約日時を記載した予約票をFax返信いたします。
  3. 患者さんに予約票と診療情報提供書をお渡しし、診療(検査)当日にご持参くださるよう、お伝えください。

Q. Fax予約をしなければ患者を紹介できないのか?

A. 当院では、患者さんの待ち時間を少なくするため、Fax予約を推奨しております。しかし、Fax予約が難しい場合には、診療情報提供書を持参させていただければ、担当医師、専門外来の医師が診察をさせていただきます。ただし、システム上予約患者さんを優先させることになりますので、診察の順番が遅くなったり、待ち時間が長くなってしまうことがあることをご了承ください。あらかじめ、患者さんにお伝えしていただければ幸甚です。

Q.専門外来への紹介方法について

A. 各専門外来の日程をご確認の上、専門外来宛てにFax予約にてご紹介をお願いいたします。

神経眼科疾患で敷島教授の診察をご希望の場合には、専門外来ではなく、月曜日・水曜日の午前中の一般外来枠で敷島教授宛にご紹介ください。

月曜日の視覚・網膜変性外来は、再診患者のみ診察しております。初診の予約は金曜日の午後にお願い致します。

Q.以前受診していたことがある場合、紹介状は必要ですか?

A.最終受診日から1年以上経過すると改めて初診手続きが必要となります。紹介状をご用意いただき、ご予約をお取りいただくようお願い致します。

Q.多焦点眼内レンズの白内障手術を希望する患者の紹介法について

A.火曜日午後の白内障外来もしくは常岡教授の外来へご紹介ください。なお、多焦点眼内レンズに関する患者さん向けの説明用パンフレットがHP内に掲載されていますので、ご参考にしていただければ幸いです。

Q.網膜剥離などの救急患者の紹介方法は?

A.急患への対応は随時可能です。日中(9:00~17:00)は眼科外来にご連絡ください。

Q. 時間外の救急患者の紹介方法は?

A.救急部および眼科当直で対応いたします。救急部(本院サイトへ)にご連絡ください。

Q. 色覚異常の疑いのある患者の紹介方法は?

A.まずは、午前中の一般外来をFax予約してください。一般外来で眼科の基本検査を受けていただき、色覚異常を起こす後天性疾患の有無を確認させていただきます。その上で、視覚外来の予約を取ることになります。視覚外来では、色覚検査表、パネルD-15テスト、アノマロスコープによる程度判定および確定診断を行います。検査結果を踏まえ、学校生活・日常生活でのアドバイス、進学・進路相談などのカウンセリングを行っています。