現在のページは東京慈恵会医科大学 > 眼科学講座 > 慈恵医大眼科学講座について > 講座の基礎研究 > 緑内障班

緑内障班

研究班員
中野 匡、野呂 隆彦、小川 俊平、伊藤 義徳、渡邉 友之、岸田 桃子、田邊 義政、金 義道(大学院)

研究概要

緑内障班はこれまで静的視野計測、機能選択的視野計測、光干渉断層計を用いた病態評価、また各種点眼薬の効果判定など、緑内障診療に即した研究を行ってきた。
この基本的な流れを継続しながら、現在進行中の研究として静的視野計およびヘッドマウント型視野計の新規プログラムの開発や、OCTとMRIを比較し高次中枢から緑内障病態を他覚的に評価する試みを行っている。また東京都医学総合研究所およびスタンフォード大学との共同研究として、正常眼圧緑内障モデル動物の開発と神経保護薬の基礎研究を行っている。これらの研究成果は日本緑内障学会、日本視野学会、また国際学会での発表を目指している。