現在のページは東京慈恵会医科大学 > 眼科学講座 > 慈恵医大眼科学講座について > 講座の基礎研究 > 神経眼科班

神経眼科班

研究班員
敷島 敬悟、吉田 正樹、酒井 勉、東 友馨、吉嶺 松洋、笹野 紘之、吉岡 万弓、張 綾芝、馬場 昭典、 三宅 彰、滝本 正子、山本 憲司

研究概要

難治性神経症の診療ならびに次のような臨床研究に取り組んでいる。
1)抗MOG抗体陽性視神経炎の抗体検査と全国実態調査(厚労科研助成、日本神経眼科学会主導)、2)難治性視神経炎に対する免疫グロブリン大量静注療法(全国多施設共同治験)、3)抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の診療ガイドライン作成(学会主導)、4)Leber遺伝性視神経症の遺伝子解析と全国疫学調査(学会主導)、5)急性期の非動脈炎性前部虚血性視神経症に対するウノプロストン点眼治療の有効性についての多施設共同ランダム化並行群間比較試験(当大学中心多施設共同試験)、6)視神経腫瘍の全国症例登録システムの構築に関する研究(AMED助成、日本眼腫瘍学会)、7)視神経鞘髄膜腫に対する強度変調放射線療法の有効性