現在のページは東京慈恵会医科大学 > 眼科学講座 > 本院眼科へご紹介していただく先生方へ > 専門外来のご案内 > 涙器外来

涙器外来

基本情報

外来日:
金曜 午後
担当医:
後藤聡、新井香太、高橋寧子、(西尾佳晃 第2.4予約患者のみ)

特長

涙器外来では主に涙道疾患を行っています。慈恵医大は昭和30年代に涙嚢鼻腔吻合術(DCR)鼻外法を日本で初めて行った大学の一つで、その伝統は脈々と受け継がれています。また、上岡康雄・西尾佳晃両師によって、涙道疾患の診察技術はより洗練されるものとなってきました。10年ほど前からは涙道内視鏡を導入し、涙道内視鏡併用涙管チューブ挿入術(チューブ)を行って良好な成績を収めています。しかしながらチューブだけで全症例治療することは困難で、特に急性涙嚢炎を起こした症例などではDCRもいまだゴールデンスタンダードであることに違いはありません。当外来では涙道内視鏡メーカーや涙道チューブのメーカーと共同で、より新しいチューブの開発やチューブの挿入方法を模索しています。いままでDCRしか治療法のなかった症例をできるだけ少なくして、より侵襲の少ない治療法での治療を目指したいからです。
先天性鼻涙管閉塞では両親がご希望の場合は1歳未満の早期ブジーを行っています。また1歳以降の患児では入院・全身麻酔で涙道内視鏡で治療しています。